報道

更新日:2021年10月24日



在留資格「報道」についてご案内いたします。


活動内容は、

外国の報道機関との契約に基づいて行う取材その他の報道上の活動。


具体的には、

新聞記者、雑誌記者、報道カメラマン、ライター、編集者、アナウンサー、ディレクター、レポーター等。


申請のポイントは、

報道ビザは、外国の報道機関からの特派員等が対象であり、この場合の「外国の報道機関」というのは、外国に本社がある報道機関のことを指します。

外国の報道機関と派遣される外国人は、雇用契約があることを想定していますが、フリーランスの記者でも、外国の報道機関との委任や委託契約に基づいて行う活動であれば認められます。

報道ビザは、報道をするための取材活動のほか、撮影、記事の執筆、画像編集なども含まれます。

注意点は、「報道に関する活動」が対象で、娯楽番組や娯楽記事執筆に関する取材活動は含まれません。

外国人記者が短期間来日して取材等の報道上の活動を行う場合は、「短期滞在」のビザになります。


在留期間は、

5年、3年、1年又は3月